初心者のバグはだいたい書き間違え説

IT関連

ウェブカツの講座を受講し自作サービスを作成するのと並行して、毎週90分間のマンツーマンレッスンを受けています。
zoomを使用してソースコードや画面の挙動なんかを画面共有しながら行っています。
内容としては講座の内容、自作サービスの内容、毎週の宿題の中から不明点を取り上げて解説してもらっています。

例えば昨日はウェブサービス部の検索機能のところをやっており、サンプルコードが誤っていました。(丸写しにして分かったつもりにならないように、サンプルコードにはわざと間違えて書いてあるところが結構あります。)
基本的に他の生徒の質問を見てデバッグすれば解決できることが多いのですが、今回の部分はなかなか解決出来ませんでした。
おそらく1週目やったときは諦めて次の講座に進んだんだと思います。笑

ちなみに今回の部分は条件指定してページングすると、条件が外れて全件でページングされるというものでした。
postの使い方は結構慣れてきたんですが、getについてはちょっと曖昧なために、原因の切り分けがうまく出来ていませんでした。
さすがに答えをまるっと教えてくれるわけではなく、どういう順で調べたら良いか(例えばgetなのでURLを書き換えたらどうなるのか〜など)から始まり、以前のレッスンでの内容なども踏まえてコードを少しずつ書き換えてみました。
また、挙動が良くなってきたあと、リファクタリングも行っていきました。

で、書いている途中で、自分が修正していない行でエラーが出るようになりました。
エラーの内容でググっても分からず。
結果としてはgetの内容を書くときに & と書こうとした部分が $ になっていて、その無意識に作った$〜の変数が意図していない関数に入りエラーになっていました。
当たり前なんですけど、何もしていないところが急に壊れたりする訳は無いんですよね。
でもエラーを見ると何もしてない行がエラーと書いてある。
もちろんそこも見た方が良いのですが、バグは自分が手を動かした部分に生まれるのです。
しかもほぼ単純な書き間違え。

バグが全く出なかったら不健全、自分が書いたんだからどっかしら下記間違えてると思っていた方が健全だと思います。

初心者向けオンラインプログラミング学習
大手スクール生徒や現役エンジニアが多数学び直している「実務レベル」に特化した「稼ぐ」ためのプログラミングスクール

コメント

タイトルとURLをコピーしました