人の数だけ正義がある

人生観

コロナ関係のニュースを見ていると、色々な考え方の人がいるなと思います。
傾向としては大きく2つ、
・自粛優先で、もっと厳しい緊急事態宣言(制限)、そして保障、海外との移動も禁止という人々。
・リスクが高い人は控え、若い人などは危険に備えつつも経済を回しましょうという人々。

その人自身の立ち位置によって、考え方は変わるでしょう。
医療関係者であれば、前者が多いかもしれません。
また、雇われている側の人や、身内にハイリスクな人がいる人も前者が多い印象を受けます。
一方で、自営業者、特に飲食観光業者、若い人などは後者が多い気がしています。
分かりやすく2つに分けましたが、詳しく見ていくとそこにはグラデーションがあり、人の数だけ考え方があるのです。

果たしてどちらが正解ですが、そんなものは10年後くらいにならないと分からないでしょう。
ただ一つだけ言えるは、バランスを取りつつ多様性を残さないと行けないという点です。
ロックダウンさせてもっと制限すれば鬱で亡くなる人も増え、経済が止まれば未来が止まる可能性があります。
経済優先でやっていくと、公的な医療施設がパンクして、治療を受けられずに亡くなる人も増えるでしょう。
つまり、状況に応じて対応を変化させていかないといけないのです。

そんなときに、もっとリーダシップのある首相だったらなと思う人もいるかもしれません。
実際、菅総理大臣の支持率は下がっています。
しかし、そもそも第二次世界大戦後、日本には強大なトップが現れない様に社会の仕組みが整えられています。
それはトップが下の言うことを聞かずに突っ走って敗戦した過去を反省したからです。
アメリカの大統領がリーダーシップが有るように見えるのは、国民が実際に大統領を投票して選んでいるからです。
私たち日本人は、自民党に投票した人は居ても、菅さんを総理大臣にする投票はしていないのです。

そんな訳で、どうしたら良いかと言えば、良い情報を沢山仕入れて、何とか生き残るということです。
もうそれしか無いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました