YouTuberって凄いな。

ビジネス

初めてYouTubeを見たのは高校生の頃でした。
モンハンの解説動画が見たかったものの、謎の文字を解読するやつが突破出来ず、諦めた覚えがあります。
高3の受験期、MHP3rdが出た頃、赤髪のともさんの実況動画にハマりました。
2011年の頃のことです。
そしてそこから、どんどんYouTubeの沼にハマり、膨大な時間を動画を見ることに費やしてきました。

去年辺りから、YouTuberという仕事が社会的に認知され始めました。
テレビからYouTubeに人々が動いているのを感じます。

所謂YouTuberというのは、今までのテレビタレントやお笑い芸人的な立ち位置の人が、自分で編集投稿などをやっているのを指しているでしょう。
私と同世代、もしくはそれより若い人たちが、そのビッグウェーブに乗って一財を築いているのを凄いなと思っています。
HIKAKINさん、はじめしゃちょーさんの様な皆が知っているYouTuberの時期は過ぎ去り、今度はニッチを攻める人たちが増えています。
それと同時に、広告費だけで稼ぐのは以前より厳しくなっているようです。

そのため、広告費に頼らず、自分たちでブランドや商品を作り、あくまでもYouTubeは集客装置として使う人達も増えてきました。
YouTubeで見込み客を作り、クラウドファンディングでリスクを追わずに(商品を作る前に)販売する人もいたりして、商売の形が大きく変わっているのを感じます。

新しい仕組みやツールを、つい毛嫌いしてしまう人もいるでしょう。
しかし、便利なものは結局世の中に広まります。
どんどん変化を取り入れて、新しい挑戦が出来る人って凄いなって思います。

私もまた、変化しないといけない一人の様です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました