心の支え。

幸福度

人は一人では生きていけないものだなと、改めて感じました。
学生時代の友人とかなり距離が出来てしまいましたが、それは自分自身の一部を失ってしまったということに他なりません。

勿論、社会人になって得た関わりも沢山あります。
しかしその多くはビジネス上のお金が発生している環境での繋がりが多く、腹を割って話が出来るということでは無かったりします。

この一週間、私はかなり精神的に参っていました。
そんな時に何時も何時も、私は支えてもらっていました。
本当に感謝の気持ちしかありません。

自分が追い込まれて精神的に参っているというのは、つまるところ自分自身のことしか考えられなくなっているということです。
そんなときは、周りの人のことを考えてみましょう。
そうすると、意外と改善することがありました。

どちらかと言うと、大人数より少人数で生きている方が私は楽です。
しかし、孤独では生きていけません。
困ったときは、助け助けられ、支え合って生きていった方が良いです。

よく学校で、他人に迷惑を掛けないようにしましょうと言います。
前提としては合っていると思いますが、本当に困っているときは、助けを求めないと何時かは死んでしまいます。
個の時代とは言いますが、根底では皆繋がっているわけです。

素直な感謝の気持ちで助け合い、尊重していきていこうと思います。
28歳にして、また新たな気付きでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました