コンサルファームという選択肢

ビジネス

就活生に何故かずっと人気のある職種に、コンサル職があります。
私が新卒で就活を行ったときも、アクセンチュアやアビームコンサルなどの説明会には、大量のリクルートスーツが居たのを覚えています。
何だかキラキラした肩書きで、大学生の頃の私には格好良く見えました。

コンサル職と言うと、戦略、業務、ITの3つに大きく別れるそうです。
そして人気のある戦略コンサルになるのはほんの一握りで、ITコンサルがかなり多いと聞きます。
ITコンサルがどんな仕事かと言うと、BtoB向け業務システムのPMや設計、開発、パッケージシステムの導入等が多いそうです。
所謂SIerの最上流部分をやっているということです。

最近、久し振りにSE時代の友人に連絡をしました。
そうしたところ、ITコンサルへの転職を考えているということでした。
確かに彼は技術力は無いものの、コミュ力はあるのでITコンサルの方が向いているのかもしれません。

私はSE時代、とにかくフリーランスエンジニアになることを考えていました。
理由は主に3つ、お金が良い、働き方が自由、手に職を付けられるといったところでした。
そのため、コンサルファームに行くという選択肢は、あまり考えていなかったのです。

とは言え、今思い直して見ると、自分にとっても比較的向いている仕事なのではないかなとちょっと思ったのです。
実際にSEとして開発の現場に入ったときも、気が付いたらリーダー的ポジションになり、進捗管理を行っていることがありました。
確かに技術力は強いわけでは無かったですが、自分が手を動かして開発するのでなければ、ある程度はなんとかなっていました。

前述の通り、比較的高給取りなこともあり、中途採用も狭き門でしょう。
ただし、一つの選択肢として面白いなと思います。
特定の事業や仕事に興味がある訳では無い人にも、ある意味オススメの職種かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました