【酒】お酒との付き合い方【酒】

健康

社会人になって、殆どお酒を口にしなくなりました。
社会人1年目の頃は自分が忘年会などの幹事だったこともあり、それなりに飲んでいましたが、最近は1年に数回くらいでしょう。
そして1回に飲む量も殆ど1杯とか2杯とかそんなものです。

大学時代の友人からしたら驚かれるかもしれません。
テニサー、オーランなどを掛け持ちし、入ってもいないサークルの飲み会にも参加していた私です。
1年生のフリをして新入生価格で飲み会に行ったこともあります。
テニサーの飲み会では腕にビニール袋を巻き、何時でも吐けるようにしながら飲んでいました。
コールに合せてピッチャーや瓶、ジョッキやコップでお酒を流し込んでいました。
それはまさに胃の洗浄という感じで、お酒を出し入れしていたのでした。

アルコールパッチテストをしても直ぐ赤くなるくらいお酒は弱いのですが、沢山飲む秘訣がありました。
それは直ぐ出せるということです。
人によっては自分の指を口に入れてエヅイて出すということをやっていましたが、元来、乗り物酔いをしょっちゅうしていた私は格が違います。
思い通りに直ぐ出せるのです。
もう、一瞬です。

そんな感じで飲んでいましたが、記憶を本当に無くしたのは一回だけでした。
それは教育実習の最終日です。
連日朝まで授業を作ったりで寝不足で、疲労とストレスから開放された直後の飲み会は格別でした。
記憶は曖昧になり、気が付いたら吐瀉物にまみれて自宅の布団で寝ていました。(その節はご迷惑をお掛けしました。。)

お酒を飲むと、気が大きくなるものです。
普段我慢しているリミッターが解除されます。
私の場合、特に女性にモテたいという思いが強くありました。
そのため、女の子を捕まえるためにお酒を飲んでいたと言っても過言ではありません。
そんなピュアな大学生だった訳です。

社会人なりたてくらいまでなら、お酒の失敗もあるでしょう。
ただ、歳を重ねれば、失敗から反省することが出来るはずです。
もしそれが出来なければ、お酒はあまり飲むべきではありません。

何故ならお酒は、依存性も危険性も高い、薬物だからです。

お酒は各国で多様な文化を築き、経済、政治、外交、観光などにも深く結び着いています。
とは言え、アメリカでも禁酒法という法律があったことから分かる通り、リスクも当然存在します。
もしお酒が無いと生きていけないのであれば、それは病気でしょう。

趣味であれば程々に。
病気であれば、病院に行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました