世界最強の幸福者【振り返り】

幸福度

相変わらずオリラジ中田さんの影響を受けまくって生きています。笑
昨日の投稿で、勝間和代さんの本を元に、幸福についてトークしていました。

世界最強の幸福者になる方法

以前、ホリエモンが勝間和代さんは身体が生まれつき弱いから、グルテンフリーとかそういう変なものに飛びつくという話をしていたのを思い出します。
私自身は身体が強い方では無いので、勝間さんもそうですし、パレオな男さん等も参考に生きています。

中田さん曰く、幸福で居るには「尊敬と健康」が大事だそうです。
周囲から承認され、身体も健康で生きる。
それさえあれば、幸福であることが出来るということでした。

そこで、私自身について小学生の頃から振り返ってみます。
5月生まれの私は、クラスの中では比較的育ちが良く、勉強も出来ました。
今となっては運動音痴ですが、当時は相対的に身長も高く、運動も出来たのです。
また穏やかな性格で引っ越しをしたことも無いため友達が多くいました。
結果として友人からも学校の先生からも承認されて生きていました。
一方で身体は比較的弱く、定期的に風邪を引いて学校を休んでいました。
アレルギー性鼻炎から中耳炎になることもあり、食物アレルギーもあり、生卵が食べられない時期がありました。
また乗り物酔いも激しく、遠足を始めとする車移動はでゲロを吐く確率は、打率8割くらいの好成績を収めていたのです。

中学生になっても小学校の友人が沢山いるので、比較的承認されて生きていた気がします。
学級委員をしたり、部長をしたりしていました。
一方で部活で毎日運動するようになり、かなり身体が丈夫になりました。
たしか中学3年間はほぼ皆勤で、生卵アレルギーもなくなり、車酔いもしなくなりました。
学校の勉強や部活、塾と非常に忙しくしていましたが、承認と健康が両立し、今振り返っても幸せであった感じがあります。

高校受験を経て志望校に行くと、皆頭がよく、人望もあり、リア充の集まりの様な学校でした。
そうなると、相対的に承認は減って行きました。
また、中々恋愛も上手く行かず、友人関係にも困難がありました。
その結果、精神的に不安定になっていきました。
肉体的な健康で言うと、高校3年の頃に持病のアレルギー性鼻炎が悪化し、副鼻腔炎になりました。
ずっと鼻に膿が溜まり、頭痛や発熱、異臭と戦いながら、受験勉強を頑張りました。
しかし大学受験の日には38度の熱がある日もあり、希望する大学には落ちました。

大学受験に失敗したお陰で、大学内においてはまたもや勉強が出来るというレッテルを貼れる様になりました。
学業の面では承認を得ていた気がします。
しかし色んなサークルや課外活動に顔を出すものの、全然モテずにいました。
そして色んな試行錯誤をするものの、どツボにハマり、自分で自分を承認出来なくなっていきました。
また就職活動や学生起業も上手く行かず、卒業論文も上手く行かず、留年することになりました。
友人は先に卒業し、家庭環境も悪化し、他者からも自己からも承認は無くなり、傷つけられ、自分で傷つける日々になりました。
行き着いた先は心療内科でした。
精神的にはボロボロでしたが、肉体的には比較的健康だった気がします。
副鼻腔炎は気が付いたら完治し、塾や部活も無いので、時間を自分でコントロール出来ていたからだと思います。

就職活動と卒業論文を何とかクリアし、就職しました。
初任者研修の間は、若干社会経験があり、コミュ力のある私は承認されていました。
しかし現場に出ると、エンジニアリング力0の私は只管上司にキレられる毎日でいました。
ただ、自分自身では自分を肯定していたので、そこまで酷いことにはなりませんでした。
健康面で言うと、何だかんだストレスは溜まっているようで、2~3ヶ月に1回は内科に行っていた気がします。
扁桃炎やウイルス性胃腸炎に毎年なっていましたが、おそらく色んなことが原因で免疫力が落ちていたんだと思います。
また、噛みあわせが生まれつき悪く、睡眠時無呼吸症候群となっていたのですが、在職中に手術を行い、空気を沢山吸えるようになりました。

そして術後直ぐに退職。
プログラミングスクールの勉強を毎月200Hして生きていましたが、ほぼ人と関わることなく生きていました。
同じ受講生とはある程度繋がっていたのが、若干の支えではありました。
また、マンツーマンの講師の先生は唯一承認してくれていました。
健康面で言うと、ストイックに追い込みすぎたせいか、風邪は引いていました。
また座り過ぎのため、床ずれしたり、痔になったりしました。

プログラミングをやっていたものの、webマーケターとして独立し、今年から仕事をするようになりました。
前職の様に頭ごなしにキレられることは無く、承認に文化がある取引先でした。
ただ、コロナの影響もあり、人との関わりは減り、承認も減っている感じがします。
健康面でも自宅にずっといることが多く、運動はあまり出来ていません。
毎日散歩をしているのは、良い点かもしれません。

社会に出て承認されるには、ある程度自分の得意な分野で結果を出すことが大事だろうと思います。
何もしていなくても承認出来る稀有な人もいますが、一般的に社会的評価に伴って、承認されるものです。
また、食事や睡眠、運動など、バランスの良い健康がこれからは必須です。
何故なら身体は何もしないとどんどん衰えていくからです。

長くなりましたが、「承認と健康」。
これを維持、発展していけるよう、コツコツを生きて行きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました