テレビはつまらなくなったのか?

ビジネス

「テレビはつまらなくなった」と良く言われています。
実際に若い世代はテレビを視聴しなくなり、年配の女性が主な視聴者層としてターゲティングされています。
そのため、それ以外の層に響く番組は視聴率が取れないために無くなっていきます。
嫌なら見るなの名言通り、テレビ離れは加速しているのです。
そしてテレビ業界自体が広告収入で出来ているため、スポンサーも徐々に離れています。
実際にテレビ向けの広告出稿金額を、インターネット広告が抜きました。
今後は益々その差は拡大していくでしょう。

とは言え、YouTubeに転載されているTV番組を時折見掛けます。
例えば水曜のダウンタウンや、最近だと半沢直樹なども違法転載されています。
それはそれでとても面白いと思うのです。
ちゃんと面白いものは、面白いのです。

しかし圧倒的に不便です。
テレビは時間を選べませんし、録画を忘れたら後から見ることが出来ません。
家に居ないと見られないですし、映る番組も数は多くないです。
家族と見たいのものが被ったら、どちらかが我慢しないといけないです。
倍速にしたり飛ばしたり、自分の好きなペースで見ることもし辛いです。
そもそもテレビが無いと見られません。

そう、圧倒的に不便過ぎです。
そして、一度快適な生活に慣れたら、もう後戻りは出来ません。

勿論、年に数回ラジオを聞いたり、映画館で映画を見ることはあるでしょう。
テレビもそれと同じ感じになると思います。

より便利に、より快適に。
水は高いところから低いところに流れていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました