改めて思う幸せ

人生観

昔のことを思い出すときに嫌だったことは忘れてしまうもので、昔の方が良かったなあと思うものです。
そのバイアスを抜きにしても良かったなあと思うことがあります。
それは、友人とくだらない話をしていた時間です。

私は比較的、学校生活を楽しいと思って生きていました。
それは机を並べて生活をしている友人と会話している時間がとても楽しかったからです。
当時はそれを当たり前と思っていましたが、仲の良い友人が居ることは、本当に幸せだったんだと気付かされます。

社会人になり、徐々に友人との関わりが薄くなりました。
会社の同期とは楽しく研修を受けていましたが、配属されたら別々です。
特にエンジニアの仕事は一日中PC作業が多く、本当に人と喋らなくなりました。

また、自分が仕事に集中したくて友人との関わりを避けていたのもありますが、本当に距離が出来てきました。
特に結婚をする人が増え、学生時代の友人といつまでも遊んでいる訳にはいかなくなってくるのでしょう。

大人になったら大人っぽく振る舞う必要があると思って生きてきましたが、実はそんな必要無いじゃないかと最近思ってます。
子供の頃の様に生きていられるひとの方が、人生楽しく幸せに生きている気がします。

くだらない話をしながらスマブラやったりモンハンやっていた日が、1日でも良いから帰ってきたらなと、ふと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました