ビジネスマンとしての成功

ビジネス

ビジネスマンとして成功している人は、如何にしてお客さんに喜んでもらえるかということが考えられる人でしょう。
自分の得意な部分や、技能を活かして、多くの人に価値を提供することが出来る人です。
誰であってもその状態に成れればビジネスマンとして成功出来るでしょうが、誰であってもその状態になることは難しいです。
何故難しいかと言えば、多くの人は、如何にして自分が成功するにはどうしたら良いかを常日頃から考えているものだからです。
自分に向いた矢印を、お客さんに向けないといけないのですが、そのためには、ある程度自分が満たされていないといけないようです。

自分を満たすためには、低い次元で言えば、まずは経済的な充足が必用でしょう。
食うに困っていては仕方ないですし、生活が成り立たない程お金に困っていては、他人のことなんて考えられません。
それ以外にも、健康や人間関係、恋愛など、低次の欲求が充足していないと、なかなかビジネスの足を引っ張ります。

男の人がやりがちな例として、そういった欲求を無視して、とにかく大きく社会的に成功したいという人が多いと思います。
勿論大志を抱くことは良いことだと思いますが、足元が覚束ないと、大きなモノは建てられません。

この話題を何で何度も書いているかと言えば、自分自身がそうだからです。
大学3年の頃からビジネスに興味を持って、色々と挑戦してきました。
しかし、それ以前の課題が沢山あったので、色んなところで一個一個解決することになりました。
そういう意味だと、大きな目標を掲げることで、直近の課題が浮き彫りになるというメリットもあるかもしれません。
ただ結局のところ、一足飛びに上手く行くなんてことは無いようです。

レンガのブロックを一つひとつ積み上げるように、自分の人生も積み上げないと、何処かで崩れ落ちてしまうのかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました