月150万の呪縛【成功法則】

ビジネス

2020年は年末までに月150万稼げるようになります。
これをあちらこちらで吹聴しています。
勿論それだけ稼げるようになったら今度は使い道を考えないといけない訳ですが、今は稼ぐことだけに集中して考えています。

ちなみにこの150万という数字、そこらじゅうに書いてあります。

コレは自宅のスタンディングデスクの前に貼ってあります。
仕事中も勉強中も食事中も、無意識に視界に入ります。
それ以外にもスマホの待受、keep(メモ帳)、毎日のツイートにも書いています。

この目標は紙に書くと達成する方法は、大学生の頃に読んだ本に書かれていました。
当時非常にお世話になっていたFPの社長さんに薦められた本で、『非常識な成功法則』というものでした。
それによると、紙に目標を書いて、ファイルに入れて毎日持ち歩きましょうと書いてあったのです。
私の場合、カバンを持って何処かに出歩くことはあまり無くなったので、もっと毎日目に入る場所に書くことにしました。

ちなみにこの方法、覚えている限りでは年末頃からやっていたと思います。
そして気が付いたら本の著者の会社で仕事をすることになりました。笑
さらには毎週月曜日に、目標設定を忘れないようにするための朝活にも出ています。

ただの成功法則マニアに見えるかもしれませんが、著者の会社で働くまでになった人はあまり聞いたことがありません。笑
最早ここまで来たら、達成する景色しか見えないです。
意外と簡単なのかもしれません。

ちなみにその朝活なんですが、他の人の目標は何億、何十億とかそういう桁の人が沢山いるんですね。
それと比較すると月150万って何だか随分とちっぽけに見えるのです。
とりあえずさっさと月150万を達成したら、次のステップに行きたいです。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました