【新提案】ワクワクしないことを削ぎ落としていく生活

ビジネス

今まで散々、「将来のため」という言葉のために、心躍る人生を放棄して来ました。
嫌々勉強をしたり、習い事をさせられたり、就活をしたくないのにしたり、親に言われたことをやる人生を送っていました。
色々とやってもらえているだけ感謝しなさいという人もいるかもしれませんが、その結果果たしてどうなったか。

私は完全に心がおかしくなりました。

大学生4年生の頃ですが、とても楽しそうに生きている起業家の人たちに憧れて一緒に仕事をしたりしていたのですが、なかなか上手くいっていませんでした。
頑張っても頑張っても親の敷いた不幸なレールから逃れられず、全てが中途半端で絶望しました。
一時期は実家から逃れる様に住み込みで仕事をしたりもしましたが、結局借金だけが残り、実家に戻りました。
当時はまだアパート時代で、自分の部屋も無かったので、四六時中罵詈雑言を浴びせられ、心の病になってしまったのです。

布団から出る気力も無くなり、月1くらいで出掛けるのは心療内科だけでした。
抗うつ薬や精神安定剤を服用していましたが、そんなものは余計頭をおかしくするだけのものでした。

そこから何とか立ち上がり、頑張って一人で借金を完済し、実家を離れ、サラリーマン生活も捨てることが出来ました。
その間も兎に角ドブの様に働き、社会の荒波に揉まれ、酷いストレスで何度も体調を崩しながらも、生きてきました。

「好きなことで生きていく」とか、「ワクワクすることで生きていく」みたいな標語が人気を博しつつありますが、正直何が好きなこととかよく分かりません。
それは今まで自分の心を押し殺し過ぎたせいかもしれないですし、若しくは多くの人は特にこれといった好きなことなんて無いのかもしれません。
ただまあ、今よりも豊かな暮らしをしたいとか、良い女を沢山抱きたいとか、もっと雑学を増やしたいとか、そういうのはあります。
もしかしたら、これが好きなことなのかもしれません。

一方で「嫌いなこと」や「ワクワクしないこと」は結構明確にあるものです。
誰の役に立っているのか分からないこと、他人にゴチャゴチャ干渉されること、仕事の進め方を強制されるもの、低賃金、不健康、単純作業だけで創意工夫がないこと、人にキレられること、孤独なこと、結果が見えづらいこと、納期や在庫があること、何かに依存すること、などなど。
普通の人より傲慢なのかもしれませんが、避けたいことは沢山あります。

つまり、明確に「好きなこと」がない人は、ネガティブ要因を生活や仕事から除外していくことを考えれば良いのだと思います。
例えば掃除や経理は自分でやりたくないとなったら、お金を支払って外注する必要が出てきます。
そしたらその分、お金を稼ぐ必要があります。
狭くて不健康な家であれば、それを回避するために、お金を稼ぐ必要があります。
他人にごちゃごちゃ言われたくなければ、フリーランスで複数社と取引し、嫌なところとは付き合わないようにすれば良いです。
そのためには営業活動をしたり、優秀なパートナーを探す必要もあります。

ネガティブ要因を避けるためにはコレが必要になるなという逆の発想で考えると、人生が前に進むことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました