STAYHOMEで晴耕雨読な生活

人生観

「晴耕雨読」という熟語がありますが、
世間のわずらわしさを離れて、心穏やかに暮らすこと。
と辞書には書かれています。

ふと思ったのですが、現在の生活はかなり晴耕雨読な感じがします。
朝起きたら簡単にストレッチをして瞑想、そして近所の散歩。
散歩しながらオーディオブックで読書もします。
帰宅したら簡単に食事を済ませ、PCでの作業。
終わったらブログを書いて夕食を取り、風呂に入って寝ます。
たまに贅沢な食事をしたり、ゲームをしたり、セックスをしたり。。

勿論、飲食店が閉まっていたり、旅行が出来ないといった問題もあります。
しかし直接的にあまり大きな影響はまだ感じていません。
もしかしたら経済が減速して、生活苦になる可能性はあるかもしれないです。
とはいえ、何だかんだ平和に暮らしています。

将来へのネガティブ要因から悲観的になる必要は全く無く、まずは現状のありがたみを感じることが大事だと思います。
中には資金繰りに困って命を絶つ人も出てきています。
可愛そうだなとは思いますが、困ったときはお互い様ということで、もっと他人に迷惑を掛けて生きれば良いのにと思います。
日本の教育は、「人様に迷惑を掛けないようにしましょう」と教わりますが、それは結果として特定の誰か、何かだけに依存することになります。
沢山のものに依存し、本当に困ったら生活保護でも使って生きていくことが大切だなと思います。

また、身の丈に合わない生活を望んだり、博打的なことをするとストレスで命を削ることになります。
意外と晴耕雨読な隠居生活も良いかもしれません。
じゃんじゃんお金を使う生活より、生活コストの無駄を削ぎ落とした方が、身軽で生きやすい人生になる可能性もあります。

他人の言葉ではなく、本当に自分がどんな生活を望んでいるのか考えてみる良い機会かもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました