これからの人生設計の在り方について

人生観

私達の親世代が考える安定とは、有名大学に入り、大企業に入り、出世して家を買い、車を買い、定年後は年金暮らしと考えていたでしょう。
ところが私達20代はそれが違うと分かります。
常に世の中が変化するという中でどう生きていくかを考えなければいけません。

メンバーシップ型の大企業よりも、自分にスキルが身につくジョブ型の仕事をする方が良いでしょう。
収入源は複数合った方が良く、PCさえあれば出来る様な仕事の方が安定するでしょう。
持ち家と賃貸が比較に上がりますが、先行きが見えない中では賃貸の方が良いかもしれません。
資産も複数に分散した方が良いですし、自分や自分の事業にどんどん使った方が良いでしょう。

そしてこれから加速度的に世の中の変化は早くなっていきます。
意外と想定よりもコロナウイルスのワクチンが製造されるかもしれません。
一方であなたの今までやっていた仕事は、世の中で必要無くなっている可能性もあります。
しかし、あなたの存在価値が無くなった訳では無いのです。

私達自身も変化し続け、一つの職種や肩書きに縛られる必要も無くなりました。
今まで営業や接客業をやっていた人がエンジニアになるのは当たり前になりました。
実店舗を経営しながら、ECサイトの構築をしてもおかしくはありません。

これからは今まで以上に古いママでいることがリスクになるでしょう。
そして人生設計を考える上で、何か新しいことが起きても対応出来るような身軽さやバッファを考慮する必要が出てきます。

また、1ヶ月後すら予想出来ない世の中で、過去の動乱の中で人類がどうやって生きてきたのかを勉強する必要があります。
幕末に日本が揺れ動いた時、海外の良いものを取り入れようとした人たちが生き残りました。
私達も過去に学び、新しくて良いものを取り入れ、常に勉強しながら前に進んで行かないといけません。

未来を悲観することなく、一歩踏み出してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました