不毛な就職活動にはストーリーが無いということ

ビジネス

学生時代、起業を諦めて就職活動をしました。
そこで登場するのが志望動機やガクチカです。
正直会社に入りたい理由なんて思い浮かびませんでした。
強いて言えば、給与の高さとか。
とにかく自分が身分やお金を貰うことだけを考えていました。

実際のところ、もっとインターンとかやっておけば良かったです。
全然準備が足りていなかったです。
全く何もやったことが無い仕事なのに、自分なら出来ます!みたいなアピールしても中々伝わりませんでした。

今回案件を取るために、面談を重ねました。
ここで思ったのが、「就職と業務委託だと意識が180度変わるな」ということです。
業務委託として仕事を取ろうとすると、相手が困っていることを熱心にヒアリングします。
就職活動のときはどう喋れば良いのか非常に悩みましたが、そもそも自分が沢山喋る必要はなく、相手の言葉に耳を傾ければ良いのです。
そしたら相手の企業に何を自分が提供出来るのかということを淡々と話して行きます。

これって新卒じゃなくて中途ならそうなのかもしれません。
もしくは新卒でも学生時代の経験やインターンの経験なんかがあれば、もう少し話しやすかったのかもしれません。
私の場合、社会科の教員を目指していたところから学生起業を目指し、更にSEになろうとしたからストーリーが組み立てられず、苦労したということな気がしてきました。

たぶん、中々就職活動が上手くいかない人は、今までのその人のストーリーと、受けている会社に連続性がないのです。
だから全然準備してこなかった人は、当然の如く内定という連続性に至りません。

自分中に正直に生きていれば、時期に目の前の道は開けてくるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました