return(返り値、戻り値)に関する話

IT関連

webサービス部のログイン部分で上手くエラーメッセージが表示されなかったのでまとめます。
ログインのところというか、実際には関数の使い方についてです。

//未入力チェック
$errors = validRequired($errors, $email, ‘email’);

//バリデーション関数(未入力チェック)
function validRequired($errors, $str, $key){
if(empty($str)){
$errors[$key] = MSG01;
return $errors;
}
}

こんな感じでバリデーションを行っていきます。
画面からPOST送信されてきたemailが未入力だった場合に、
$errorsという配列に’email’というキーでMSG01のエラーを入れて、
画面に出力させます。
未入力チェック以外にも、形式チェックや文字数チェックなども行います。

しかしエラーメッセージが出ないときがたまにあるのです。
そこでvar_dump($errors);を使って処理を一行ずつ追ってみました。
そうすると、いくつかのパターンで$errorsにNULLが入っていることに気づきました。
入れた覚えないんですけど、どこで入ってんすかって感じです。

ちなみに答えは、、

初心者向けオンラインプログラミング学習
大手スクール生徒や現役エンジニアが多数学び直している「実務レベル」に特化した「稼ぐ」ためのプログラミングスクール

コメント

タイトルとURLをコピーしました